ここにしかないモノを届けるベンチャー企業「株式会社IRC」

トップ > 製品サービス > DINFHKON(ディンフコン)

DINFHKON(ディンフコン)

対ウィルス用
可視光・紫外線両応答型光触媒

 一昨年来より危惧されている、鳥インフルエンザ、新型鳥インフルエンザ対策に光触媒が活用できないか、当社で検討してきた結果、佐賀県の鯤コーポレーションと 住友商事ケミカルの賛同を得て共同開発 体制を敷き、実験を北里大学に依頼して、世界で初めて光触媒を使って鳥インフルエンザウィルスを可視光で99.99パーセント減少させることに成功しました。

dinfhkonロゴ

 酸化チタンなどの光活性物質が抗菌・滅菌作用があることが以前より知られているが、公知の酸化チタンでは様々な問題点があり、インフルエンザウイルスの力価を具体的に下げるに至っていない。また家禽類などの養鶏場では、光触媒に欠くことのできない光源の確保が難しい。またインフルエンザウイルスは空港や施設などもにおいても、屋内が使用対象となるため、人畜双方に対しての安全性が要求される。そこで、DINFHKON(ディンフコン)は独自の酸化チタン製造法に基づき、酸化チタンの結晶構造を製造時に制御し、特殊結晶構造を含む原体を製造した。この事により酸化チタン結晶から出る電子・正孔の再結合速度を緩めウイルスとの反応機会を増やした。更に光活性を向上させる為、特殊構造結晶間に異形状の結晶(可視光域吸収型)を合わせることにより気孔率も下げ、ウイルスとの反応表面積を増やすことに成功。

DINFHKON(ディンフコン)の特徴

 安全無害な水溶性コーティング剤
DINFHKON(ディンフコン)は水溶性の酸化チタンと純水からなる組成であり、人畜に対して非常に優しく、危険性、引火性等の無い環境にやさしいコーティング剤です。

高い抗菌効果

 E-coil・・大腸菌 ST.aureus・・黄色ブドウ球菌DINFHKON(ディンフコン)は右の抗菌力評価試験にあるこれまでの光触媒のもつ抗菌効果(一般生菌・真菌)などの抗菌機能を損なうことなく、更に独自特殊製法により、鳥インフルエンザウイルスA型など、資料1に示す大幅なウイルスの力価低下を実現し証明しました。このデータから受けて取れる高い抗菌力とは、参考資料図Tの汎用光触媒品がSARSウイルスの力価低下を証明した時のデータと比較すると良く解る。参考資料図Tのウイルス力価は最大で3乗(1000倍)99.9%ウイルスを減らしているが、 DINFHKON(ディンフコン)は最大4.25乗(10.000倍)99.99%ウイルスを減らしていることでその高い抗菌力が解る。

■抗菌力評価試験


試験結果
菌名
菌数の経時変化
初期
24hrs-1
24hrs-2
平均
E.coli
1.4×105
1.7×104
3.7×104
2.7×104
St.aureus
1.2×104
1.6×102
2.0×102
1.8×102

Control 試験結果
菌名
菌数の経時変化
初期
24hrs-1
24hrs-2
平均
E.coli
1.4×105
3.6×106
3.0×106
3.2×106
St.aureus
1.2×104
4.4×103
5.2×103
4.8×103
*C10:検出せず              単位:CFU/枚

細菌&カビへの抗菌力試験


ウィルスへの影響

July 7 06 July 16 06
照射時間 No. 3 No. 4 照射時間 No. 3 No. 4
0 7.25 7.25 0 7.75 7.75
8 7.25 7.25 8    
24
4.5
6.25
24
4.75
6.25
48
3.5
4.5
48
3.5
4.75

 縦軸の単位はウィルス力価50%組織培養培養感染量法 (Tissue Culture Infectious Dose : TCID50/ml) となっており、mol単位となっております。 0時間の時のmol 10X7.5乗から48時間後には 10X3.5乗まで4桁力価を低下させております。

紫外線光域から可視光域の幅広い光に応答

 これまでにない紫外線光域から可視光域までの光エネルギーに応答するハイブリット結晶構造を実現!
 資料TのDINFHKON(ディンフコン)のデータは試験光源に蛍光灯を使用している。参考資料図TはUVランプでの数値である。DINFHKON(ディンフコン)は可視広域においても高い抗菌力が期待できることの証明でもある。
写真Tは紫外線広域で反応するアナタース結晶と可視光域で反応するアナタース結晶とを独自の技術でブレンドしている。反応広域の幅を広くすることで室内での使用用途とその利便性を高めた。また、本来の結晶間にうまれる気孔率を減らすことにより薄膜層を形成した際のチタン表面積が増えることで、ウイルスとの接触面積も増やした。
DINFHKON(ディンフコン)は内外問わずその性能を発揮できる特徴を持つため利便性に富む。

光活性を上げた「DINFHKON」の結晶構 光活性を上げたDINFHKON(ディンフコン)の結晶構

 DINFHKON(ディンフコン)は、これまでの酸化チタン以上に分解力を上げた。生活環境の中には様々な臭いやシックハウスの原因となる有害化学性ガスが多い。しかし、これらも全て有機化合物です。DINFHKON(ディンフコン)は、これら有機物を過酷な環境下においても常にその機能を発揮することができる。 資料Vの実験データから優れた光活性の根拠がうかがえる。
 (a)はDINFHKON(ディンフコン)(b)は汎用光触媒品ですが、データはある一定時間内において酸化チタンから電子が飛び出し、また戻るという再結合速度を測ってみた。20ピコセンド時には汎用品と比べ、DINFHKON(ディンフコン)が10倍程度も再結合速度が遅いことが解った。この再結合速度が遅いことにより、空気中の水や酸素との接触機会が増え、酸化・還元反応が起こりやすくなった。こうしてDINFHKON(ディンフコン)は電子・正孔の再結合速度をコントロールする独自結晶をつくり、分解力を上げている。
(資料V)
(電子濃度を算出し、電子・正孔の再結合速度を確認した)

ディンフコンと汎用品の比較ウィルスを大幅駆除

 DINFHKON(ディンフコン)を応用した次世代コーティング技術への転用住友商事グループ住友商事ケミカル鰍ヘDINFHKON(ディンフコン)の持つ特徴を生かし建築物全般の内外装を対象とするセルフクリーニングコート材を商品化しました。高機能性商品であり、セルフクリーニング機能(防汚)・シックハウス対策・大気浄化・抗菌・防カビなどの機能は勿論のこと、今後国際社会問題として懸念される「高病原性鳥インフルエンザウィルス」の力価低下にも効果を発揮することを証明した本製品は、ハイブリッドコーティング材として様々な場所において活躍が期待できる。また、住友商事ケミカルでは本発明をコーティング機能商品以外にも応用し、医療・公共・蓄農産などの分野で画期的かつ有効的な商品ラインナップも準備している。

dinfhkon&dinfhkonprimer

◎総販売元
 住友商事ケミカル株式会社
 精密化学品部 03-6221-1210
 〒104-6224 東京都中央区晴海1丁目8番12号
 晴海トリトン オフィスタワーZ 24階

◎製造元
 株式会社鯤コーポレーション
 本社・工場 〒849-2305 佐賀県武雄市山内町
 大字宮野字松の木原22646

  1. 無料アクセス解析